代表が起業したきっかけ

(1)地元である北海道夕張市での経験

 2007年夕張市財政破綻。父は夕張市役所を早期退職制度により退職しました。
2016年にUターンにて夕張市で起業。そこで医療崩壊を感じました。
夕張の病院は最大171床あった
病床数が財政破綻とともに19床に減少。
隣町までは車で40分ほど
かかり、急性期の患者は当に間に合わない。
これが現実でした。
そこでIoTを活用して病気にさせない。重症化させない。
これを実現させることがこれからの世界を救うと確信しました。

(2)先天性腎動脈狭窄症の経験

 中学生時の血圧計測にて最高血圧が180以上、
最低血圧100以上という異常値が発覚。当初原因不明であったため、毎日朝昼晩カフ式血圧にて腕を締め付けられる毎日。
生活にも影響が出て、肉体的にも精神的にも非常につらい体験でした。
 カフがきつく締まる際の腕の痛さに加え、食生活が悪かったのか?遺伝子の異常なのか?と自問自答し、心から申し訳ないという表情をしている両親の顔が本当に痛く、逆に申し訳なく、つらい思いでした。
 せめて計測が楽にできれば肉体的・精神的な負担が軽減できる!常時計測により血圧をコントロールできていれば、行動の範囲も広がっていたはず。高血圧の人の血圧常時コントロールが命を救うと感じた出来事でした。

主要メンバーのプロフィール

加藤 和磨

大阪大学医学系研究科卓越大学院プログラム招へい教員。
株式会社インテックにて大手基幹システムPM従事。
その後、
一般財団法人日本政策学校にて共同代表。
株式会社グリーン・シップにてCIOを歴任。
NPO法人ゆうばり観光協会理事、夕張商工会議所2号議員も務める。