OrangePi /IoT/POS事業

 

1.OrangePiの日本総代理店としての販売

2.OrangePiを活用したARM-CPUとLINUXによるシステムの自由構成提案

3.市場に対する既存POSシステムのダウンサイジング

4.POS端末のサイネージ利用

OrangePi:

中国深セン市の orangepi.org が開発・販売している小型のマザー・ボードです。このボードは何と言っても開発ボードに特化して安価であることが最大の魅力です。日本国内でもRaspberry Piに飽きたマニアが購入して、ネット上に数々の動作事例が紹介されています。ラインナップとしては、32Bitから64BitCPUまで16種類のボードが供給され、現在も増殖が続いています。

右の写真が一番人気のOrange Pi PC 2でQuad-core 64Bit-ARM-CPUを搭載し、さらにグラフィックチップとしてFull scene over-sampled 4X anti-aliasing engineを内臓しています

これにより 40 GFlops, Pixel fill rate greater than 2.7GPixel/sという高速な画像処理演算が実現されます これはインテルの最高性能CPU、 Core i7-6600U のグラフィック処理性能を凌駕しています

さらに同一スペックでの消費電力が10%程度しか無いので、高速な暗号計算(ハッシュ計算)が必要な仮想通貨のマイニングにも使用されています 

またRaspberry Piと比較して使用可能な拡張ポートが充実しており多種多様なセンサ入力や映像・音声の出力、さらに最新の数々の通信方式にも対応しています

我々はこのラインナップから数々のソリューションカスタマイズを可能にしています。

 

<弊社の強み>

1.日本国内唯一のARMアーキテクチャCPU+LINUXまたはAndroidパッケージを供給できる技術力

2.POSのダウンサイジング化およびIoTデバイスの急速な普及に向け国内各メーカが血眼になり回路設計・OS開発に挑んでいるが学生向け教材を利用する領域から脱出できずにいる状態

3.OSおよびこれに付随するデバイスドライバーを自由に操れることにより世の中のあらゆるセンサーデバイスを最適な状態で利用できる。

4.無線通信技術に関しての経験が豊富であるために、デバイス毎の最適な耐ノイズ設計・アンテナ設計が可能

5.約30年に渡るゲームセンターにおける1店舗数百台規模の無線ネットワークをシームレスに結ぶ実績が、WiFi無線トラフィック遅延等の問題解決を容易にしています。

6.中国デバイスメーカ・ボードメーカを技術指導で世界に通用するメーカに育て上げた実績により各社の部品調達が容易になり自由なハード設計が可能 http://www.orangepi.org/index.html

7. 中国のハードウェア生産工場との業務提携により、弊社管理化にてデバイスの大量生産が安価に可能